ESSAY

NEWS

ORGANIC

小さなことで世界は変えられる

2020.07.14

最近「SDGs」という言葉を耳にしたことはありませんか。

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは
「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」のこと。

この「SDGs」では「世界を変えるための17の目標」を掲げています。



が...!



「SDGs」や「持続可能な開発目標」と言ってもあまりピンと来ないですよね。


しかし、このSDGsで大切なのは、まずは私たちの暮らしの中で、
できることから少しずつ始めることだと思っています。


それは、小さな意識や行動が世界での大きな目標に一歩近づけるからです。


SDGsで掲げる2030年までに達成すべき17の目標とは何か?
1. 貧困をなくそう
2. 飢餓をゼロに
3. すべての人に健康と福祉を
4. 質の高い教育をみんなに
5. ジェンダー平等を実現しよう
6. 安全な水とトイレを世界中に
7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
8. 働きがいも経済成長も
9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
10. 人や国の不平等をなくそう
11. 住み続けられるまちづくりを
12. つくる責任 つかう責任
13. 気候変動に具体的な対策を
14. 海の豊かさを守ろう
15. 陸の豊かさも守ろう
16. 平和と公正をすべての人に
17. パートナーシップで目標を達成しよう

これらの項目は国・企業だけの目標ではなく、
個人レベルでも一人一人の意識があれば
社会や環境も変えることができます。



例えば



”7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに”は、
私たちには電力会社を選ぶことができます。


100%自然エネルギーを使った電力会社さんや
今はまだ100%自然エネルギーではないけれど、
自然エネルギーと再生可能エネルギーを使い、
将来的には100%を目指している電力会社さんもあります。


電力会社は自分自身で選ぶことができます。
選ぶ際はどこから電力を使っているのか、
気になる電力会社さんに確認することが大切です。



つぎに、
”12. つくる責任 つかう責任”では、
食品や物を買うときに
「この商品は使い切ることができるのか(フードロスにならないか)」
を考えること、捨てるときにリユース・リデュース、リサイクルが可能なのか、

また、ネットショッピングでは言葉ひとつで、過剰包装を減らすこともできます。


注文時に下記を備考やメールでお伝えしてみてください。

「地球環境のため、気泡緩衝材などは一切入れないでください。
できる限り簡易包装でお願いいたします。
納品書類も、封筒やプラスチックパックに入れず、そのまま入れてください。」

さらに
「ぬれたり折れたりしてもかまいません。破損のクレームはつけません。」

と、言葉も入れると、お店側もクレームのリスクが軽減されて、
対応してくださるところが多いです。
(何かしらの理由で不可の場合もあります。)

※ちなみに当店では環境に配慮し、必要以上の包装は
していないので上記メッセージなしでも大丈夫です^^


先日、あるお店に上記をお伝えしたところ

「確かにそうですね。地球環境のため今後そうしていきたいと思います。
気づきをありがとうございます。」とお返事が来ました。


次の買い物時に入っていたお客様向けのお便りには、
「今後は地球環境を配慮し気泡緩衝材やプラスチックパックは使いません。」と
書かれていました。


自分自身のちょっとした行動によって「気づきをありがとう」という
感謝の気持ちで答えてくださったことが、
とても嬉しく幸せな気持ちになりました。



さて、次に

13. 気候変動に具体的な対策を
14. 海の豊かさを守ろう
15. 陸の豊かさも守ろう


この3つは、地球上に住む世界の人たちが
気候変動によって多くの自然災害に見舞われていて、
今、一番直面している問題かと思います。

私たちができることは、日常生活から排出されるプラスチックゴミを
減らすこと、フードロスの問題点などできることはたくさんあります。
なぜならこれらの問題は温室効果ガスを増やし、
異常気象や地球温暖化につながるからです。


では私たちはどのようなことから環境について考えていったら良いのか、
具体的なはじめ方がわからないという方はたくさんいらっしゃいます。


まずは身近な人たちと環境について話してみませんか。
環境と言っても難しい話ではなく、


小さなお子様がいらっしゃるご家庭でしたら、
お散歩中に見つけたゴミをきっかけに

「このゴミはこのままにしていたら、どこに行っちゃうと思う?」
という話や、家から出るゴミ、その素材についてなど、

ちょっとしたことから話題にするとご家族一緒に
楽しみながらSDGsに取り組むことができると思います。

誰かのためではなく、何より自分が住む環境が良いこと、
心地良くて穏やかな生活は誰でも一番望むことではないでしょうか。

E.C.B.Cは自分自身が心豊かで楽しめることを
いつも一番に大切にしています。

できることは人それぞれ。
しかし、小さなことで世界は変えられます。


自分ができることから少しずつはじめてみませんか。