ESSAY

E.C.B.C

NEWS

ファッションもエコも「がんばりすぎない」がおしゃれ。

2020.07.21

『エフォートレス』というワードをご存知ですか? 



「エフォートレス」とは、もともと「努力なしで」という意味。

しかし、単なる手抜きではなく「力の入っていない自然な着こなし」や
「ほどよく肩の力が抜けた」表現として使われています。 




この「エフォートレス」はライフスタイルや考え方にも使われ、
エコにも大切な要素だと思います。

エコやプラスチックフリーいうと完璧にやらなくてはいけないと
イメージしてしまいがちですが、
環境に配慮しなければいけない、と力みすぎず、気負わず、
ほんの少しでもエコを意識するだけでいいと思うのです。


あまり完璧にしようとすると周りの人たちにまで
つい強要してしまい、それでは毎日が疲れてしまいます。


少し意識するのは自分の身近なところから。


例えば、今まではペットボトルのお水やお茶を買っていたけれど、
マイボトルを持参するだけでもゴミは減ります。
テイクアウトのお弁当などにつく、スプーンやフォークをもらわずに
家にあるカトラリーを使う、または持参するなど、
自分自身ができることから少しずつがとても大事だと思うのです。

ほんの少し意識するだけでゴミひとつ減るのですから、
「ちょっと環境に良いことができたかな」
そんな小さな喜びこそ、未来の地球を美しくすると思っています。

パリジェンヌたちは、つねに自分らしくあることを大切にし、
自分なりの人生哲学をもっています。

そして肩の力を抜きつつ、自由であること
そこに美学があり、人生を謳歌しています。

パリジェンヌのように、頑張りすぎず、程よく肩の力が抜けた
エフォートレスなエコライフを意識してみてください。